書こうとにかく何か
(まずは「このブログについて」のカテゴリーをみると良いかもしれません。コメントの際は「コメントを頂いて」の最後3文をご覧ください。)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
いじめられない?方法

久々に書いた内容がこれかww

なんとなく筆が進まない日が続いてしまいました。
ネタがあっても「書かなきゃ」とおもうと書けないものですね。
そういえば、忙しくしていた時期の方が更新が多かったかもwまあそれは置いておきます。

ふと思い浮かんだというか、思いだしたので、体験談を書きたいと思います。
私が書きたくなったことだし、誰かの役に立てばなーと思ったので。
あ、ちなみに私が受けたいじめなんて、いじめ(笑)程度のことなので、深刻な人にはあんまり参考にならないかも。

まずは、私がいじめられたと言うことから。
<前提>
・私は暗めの女子であった。
・文化系の部活。
・スカートが長くて真面目そう(多分)。
・友達は少ない。多分浮いていた。
<中学>
.ラスの中に同じ部活の女子A(友人)がおり、その異性関係が明るみに出た。
⇒Э佑クラスの女子Aからいじめられ始めた。
なんか私もいじめられ始めた。
いじめの内容は…
通りすがりに机を蹴ってきた。
授業中なんか落ちてきたと思ったら、消しゴムのカスとか欠片だった。
友達少なかったからシカトされたかどうか良く分かんなかった/(^o^)\
もっとあったかなあ?・・・・・・だいぶ昔のことなので良く憶えてないww
友達の方がいろいろされてたと思う。

私の対策はといいますと、できる範囲で戦う・戦う妄想をする、ということです。
・女子Aとの付き合いはやめない。公然と友人関係を続ける。
 …お互いに仲間を失わないため。
・「だから?」と言う態度を出す。気付かないふりでも良い。
 …痛くも痒くもないという顔をする。
・「私が無視されてるんじゃない!私が無視してるんだ\(^o^)/」
 …無視上等wwかかわりあいなんぞこっちから願い下げじゃww
  でも私大人だからwwプリントは分けてあげるし、落とし物も拾ってあげてよww
  社会人として(中学生だけどw)必要な仕事はしていてよww
  という上から目線の気持ちでいる。
・気の合う先生に女子Aと一緒に相談した。
 …別に先生が解決してくれたわけではないけど、話したことで元気が出ました。
  学校には何十人も先生がいます。
  担任と気が合わなくても、他の誰かとは話せるはずです。
★盗られて困るものは学校に持ってこない。
★自分の荷物からは目を離さない。
 …自己防衛に気を付けました。とにかくつけいる隙を与えてはいけません。
  教室移動の時は、最後に教室を出るようにする。
  休み時間には用事がなければ教室にとどまり机や荷物を見張る。
  教室が辛い場合は最低限大事な物を持って出ればいいです。
★「やられたことメモ」を作り、常に持ち歩く。
 …いつ、どこで、(だれに)、何をされたか、を持ち運びできる手帳に記録しました。
  教室に置き去りにすると見られたり奪われる危険があるので持ち歩きます。
  「いつかこれを公表して裁判して、社会的に抹殺してやる…ニヤニヤ」
  と考えているだけでも超楽しくなってきますww
  むしろ証拠を増やすためにもっといじめて欲しくなってくるww
  あ、投げられた消しゴムとかもこっそり拾って保存しておきました。
★「こうされたらやりかえしてやる……」という妄想をして、殺気を高める。
 …背中から殺気を立ち上らせておきましょうww
  強い殺気は感情に出さなくても伝わるもので、多分むこうもためらいます。
★自分を肯定できる場所・人は大切にする。
 …部活とか、女子Aとか、図書室とか、家とか、落ち着ける人や場所は作っておきましょう。
  無い人は今から作ればいい!!
  別に人の来ない理科準備室とか、職員室にダベリに行くとかでもかまいませんw
★「一人は怖くない!一人は平気だし楽ちんだ!」
 …別に無視されても怖いことありません。
  喋る相手がいないなら、本でも読んだりまったりできます。
  「グループ活動とかで一人だったら?」と怖くなるかもしれませんが、あれは大丈夫です。
  一人でいればグループなんて誰かが入れてくれるんでwwもしくは先生に頼ろうww
  グループ内で無視されたら、「あ、作業はコイツらにやらせとこw」って傍観しましょうw

中学時代については以上です。
参考になったでしょうか。
ちなみに、こうしたことを続けていたらいじめは比較的軽いまま、消えていきました。
高校時代については続きに書きます。


高校時代についてですが、いじめられていません。
ですが、その前兆はありました。陰口とか、嘲笑とかありました。
そこで、いじめられない……というか、いじめさせない対策をとりました。

大筋は中学時代と一緒です。
違う点を1個だけあげておきますね。

★得意教科を極め、「国語は西砂子に聞こう」という地位を確立する。
 …何か一つ、強みになる教科を作りましょう。
  んで、その教科の予習・復習を完璧にこなし、
  「え、予習してないの?良ければ私の見る?」といつでも言えるようにしておく。
  そうすれば、隣の席の子とか、国語が苦手な奴とか、そういうのは飛び付いてきます。
  こうすることで、私はクラスの中で一定の地位を築くことができました。
  なにせ、私をいじめたらノートを見せてもらえないわけですからww
  私の場合は国語・生物・世界史でしたね〜。懐かしい。
  とくに国語の先生は厳しいので、事前に予習していないともの凄くつつかれました。
  私はつつかれたくないのと、「クラスの国語のプロ」と言う地位のために、これでもかと勉強しました。
  地位があったのと、これで自信が持てたので、いじめらしいいじめはありませんでした。
  お陰でセンターで9割取れましたしね。

  あ、ちなみに、古文と漢文は、原典となる本が図書室にあることが多いです。
  それを見れば現代語訳も書いてあるので大助かりですよww
  あとは一字一句を訳確かめながら品詞とか活用形とか分析していけば、ほぼ完璧にどんな質問にも答えられます。


あー話逸れましたwwすいませんww
以上でおしまいです。
何か困っているあなたの助けになれば。

与太話 comments(1) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








管理者の承認待ちコメントです。
from. - | 2013/01/10 00:07 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://cloudofashes.jugem.jp/trackback/223
<< NEW | TOP | OLD>>