書こうとにかく何か
(まずは「このブログについて」のカテゴリーをみると良いかもしれません。コメントの際は「コメントを頂いて」の最後3文をご覧ください。)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
歴史系作品メモ

・「チェーザレ 破壊の創造者」
ルネサンス期のイタリアに現れた、チェーザレ・ボルジアという才人の話。
1・2巻読了。面白い。政治闘争がむんむん臭っていて楽しい。
でも一番面白いのは、チェーザレの子供っぽさかも。
アンジェロやジョヴァンニをからかっている時が一番生き生きしているような。
個人的にはチェーザレよりもチェザーレの読み方の方が好きです。

・「サラディナーサ」
読んでみたい。
フェリペ2世時代の漫画。

・映画「王妃マルゴ」
ユグノー戦争期のフランス、プロテスタントのアンリと結婚したカトリックの王女マルゴの話。
お色気多し。この時代に興味のない人には少し退屈か?
マルゴが非常に美人。アンリ4世の外見が普通でいいww
この二人は夫婦じゃなさ過ぎて逆にお似合いかも。
同盟者とか友人の関係。
フランス王室の皆さんのお顔が似ていて、時々区別がつかない…。
サン=バルテルミの虐殺シーンの凄惨さは良いと思う。
男の尻が多いのは、フランス映画だからですか?
マルゴの侍女(?)さんは、ラ・モールさんが好きだったのだろうか…。

・映画「ガーディアン ハンニバル戦記」
ポエニ戦争で共和政ローマを震撼させた、カルタゴの将軍ハンニバルの話。
ハンニバルかっこええ。カルタゴの将軍の皆さんも男前。
史実を重視し、説明的な部分も結構ある。
娯楽的なおもしろさは減ったかもだけど、初心者に優しい。
意外と戦場の凄惨さも描いている。死体だらけの川とか。

・映画「アレキサンダー(コリン・ファレル主演)」
アレクサンドロス大王の一生を描く。
………長い、長すぎる!予備知識のない人や、歴史があんまり好きじゃない人には相当苦痛。
知っていればかなり面白かったけど。
ただ、削って良いシーンもかなりあったように思う。
アレクサンダーの様々な逸話・伝説を盛り込み、ヒーローでない面も描いていて面白い。
父にも母にも微妙な思いを抱えている。同性愛(女も愛するけど)。
世界の果てを見たいという思い。
騎兵の皆さんがどうも鐙をつけていないみたい。
確かにこの頃は騎馬技術も発達していなかったし…。そうゆう所良いな。
アケメネス朝ペルシアのダレイオス3世がイケメンでした!ここが一番大事!!!!

アニメ・漫画 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://cloudofashes.jugem.jp/trackback/219
<< NEW | TOP | OLD>>