書こうとにかく何か
(まずは「このブログについて」のカテゴリーをみると良いかもしれません。コメントの際は「コメントを頂いて」の最後3文をご覧ください。)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
中国史の人物メモ
 唐の玄宗周辺、面白そうな人物多すぎ!

・高仙之
・封常青
・李嗣業
全員、タラス河畔の戦い・安史の乱討伐に参加。
高仙之・封常青は良い上司と部下のようだった。バッテリー的な。
二人とも安史の乱の際、讒言により処刑。
高仙之:人間関係や政治面で困ったところもあるが、武将としては優秀のよう。
     頭の良い皇帝や助言役がいれば完璧。部下や兵士からの人気も高そう。
     皆殺しも結構やっているので、敵には容赦しないと見える。
     よく部下に助言されているので、熱くなりやすい性格なのだろうか。
     ちなみにイケメン。
封常青:戦いの才能はなさそう。しかし記録・後方支援や留守居に高い能力。
     ルールを守れない奴には超厳しい。泣いて謝っても徹底して処罰(処刑)。
     高仙之に頼み込んで押しかけ女房的に従者となる。
     斜視があり、足が不自由だった。
李嗣業:タラス河畔の戦いで、敗北してもなお戦おうとする高仙之に撤退を進言。
     安史の乱で何度も東軍として戦い、戦死を遂げている。
     驃騎大将軍となり、玄宗・粛宗に仕えた。
中国史 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://cloudofashes.jugem.jp/trackback/218
<< NEW | TOP | OLD>>