書こうとにかく何か
(まずは「このブログについて」のカテゴリーをみると良いかもしれません。コメントの際は「コメントを頂いて」の最後3文をご覧ください。)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ハンニャバルと黒ひげとワンピースの弱点

はい、最近ワンピについて色々考えているので、また偉そうなことを言ってみたいと思います。
最初に断っておきますが、
ワンピ好きだーーーー!
以下、尾田栄一郎センセの「ONE PIESE」について語ります。


そういえば残念に思ったことがまだあったんですよ。
何話かは忘れたんですが、監獄の脱獄中。
副署長のハンニャバルの台詞が軽く流されたことです。
ハンニャバル
「お前達海賊が野放しになっているだけで、庶民は愛する人を失う恐怖で夜も眠れない!」
「ここは地獄の大砦!」
こんな感じでしたね。
いやーー。この台詞、心底感動したよ!!!
ハンニャバル!お前はどこのラルゴンキン所長だ!!?どこの赤毛眼鏡だ!?
ええ!?
海軍からすらそんなまともな台詞聞いたことないぞ!!(あ、これも問題ですね;)

され竜のラルゴンキン所長やガユスにつながることもあって、大好きな台詞です。
で、残念なのが、そのハンニャバルの意志が黒ひげの一言&一撃で終わらされてしまったこと。
「正義だ悪だと口にするのはやめときな!
 この世のどこにも答えはないだろ!くだらねえ!」
ですね。

ここのハンニャバルの台詞は、凄く大事だと思うんです。
主人公達の行動・意志と真っ向から対立する台詞であり、その内容はすさまじく正しい。
だからこそ、ルフィはそれを(言葉じゃなくても良いから)論破すべきだった。
敵の理念に対して主人公がそれを上回る答えを出してこそ、主人公の行動に正当性と深みが生まれるはずです。

思うに、尾田先生はハンニャバルの理念を上回る答えを見つけられなかったんじゃないでしょうか?
監獄編・エース救出編の難しい所は、敵(海軍)の行動に強い正当性があることです。
アラバスタ編、空島編、エニエスロビー編は、敵の方が明らかに「悪」だったから、自然にルフィ側が正当ということができました。
しかし監獄編・エース救出編はルフィ達が「悪」です。
エースが無実の人ならともかく、海賊である以上は処刑されるべき人。
ルフィの「兄弟だから助けたい」という意志は理由としては弱いですね。

本当に、ハンニャバルの言葉は流されるべきじゃなかった。
そこからもっと話を深められたはずです。
なのに尾田先生は黒ひげの一撃で済ませてしまった。
好きな台詞だけに、黒ひげの行動にはちょっと怒りを覚えましたね。
そう感じさせるため(黒ひげを嫌な奴にするため)の一撃だったんでしょうが・・・。
にしても黒ひげの言葉はいまいちです。
確かにインパクトはありますが、ハンニャバルの言葉を否定するには弱い。
ハンニャバルの言葉は、正義だ悪だという話ではなく、ましてや唯一の答えとして言われたわけでもない。
無法者を野放しにすることで、愛する人を失う人が出る。
そんな理不尽を防ぐために監獄があり、海軍がある。という話でしょう。
それを否定するのは、黒ひげの理不尽な台詞ではなく、ルフィの言動であるべきだったと思います。
例えば、兄弟の絆だとか、エースは処刑されるべき人間じゃないとか・・・。
(あー・・・エースを生かすためにも、海賊王ロジャーの息子であるという事実&海賊の頂点に立つべき人という将来性が必要で、その為に550,551話が出たのかな?)

嫌な言い方をすると、ハンニャバルの台詞にを上回るルフィの言葉を考えられなかったから、尾田先生はあそこで黒ひげを乱入させ、無理な台詞とインパクトで流したとも考えられます。
敵を悪にする以外に、主人公に正当性を持たせられない。
ワンピースの弱点はココなんじゃないでしょうか。

アニメ・漫画 comments(13) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








「正義だ悪だと口にするのはやめときな!
 この世のどこにも答えはないだろ!くだらねえ!」

黒ひげの台詞が好きだったのでググッたらここに来ました

敵を悪にするのは少年誌的発送
ワンピースはそんな概念じゃない
海軍にも海賊にも悪も正義もあるし
ルフィが完全なる正義でも悪でもない
そもそもエースに悪も正義も概念は無い

ティーチが言うように立場によって
悪も正義も変わるのです

相対的じゃなく絶対的なもの「善と悪」

ルフィもエースもティーチも己に素直に行動してる善でも悪でもない
ハンニャバルだけ正義の概念に捕らわれている
ハンニャバルは薄っぺらい正義を口にしたから一発でのされたのですよ
子供でもわかる正義論だからこそ黒ひげは答えが出ないと言い切れたんでしょう

相対的に行動しているメインキャラだからこそ
ルフィに答えは出させないと言うのは少年誌的に正解だったと思います
あれでルフィが手を出せば正義の概念に戸惑いますからね読者の子供たちは…
尾田先生はそれを思ってティーチにあの場面をつぶさせたのだと思います

砂子さんより尾田先生のほうが何十手も先を読んでますよ、あの人は少年誌の鏡です
私は砂子さんとは逆の感情を持ったワンシーンでした
もう一度読み直して砂子さんの気持ちも考えてみたいと思います
from. さっくり | 2010/02/13 23:20 |
うわうわ!コメントありがとうございます!
なるほど…ルフィ・エース・ティーチの言動は善と悪や正義etcではなく、己の意志に従った行動かぁ。
言われてみると分かる気がします。
そういえば私、「正義・悪」と「信念等」を割と混同してるなと思いました。

ハンニャバルの正義薄っぺらいかなあ。
以前コメントいただいた方もハンニャバルが
あまり好きではない様子…。カワイソス…。
たしかに正論中の正論ではあるんですが;。
ああいう、「力無い人々の盾であれ」っていう言葉が好きなんです///
下手すると56巻のセンゴク元帥の色んな言葉とか、政府や海軍の色んな言葉よりも。
ハンニャバルの言葉ってそうそう出てくるものじゃないし、数々の海軍や政府の人の正論の中でも、いっとう素朴というか…原点だなーとか。
むむ!やたら長くなりそうだし、言葉にしきれない気分なのでこの辺にしておきます。

しかしコメント頂けているのはワンピース効果でしょうかv
コメント目的で書いているブログではないですが、通りがかっただけでなく読んで下さった方がいるというのは嬉しいですねv
重ねてコメントありがとうございました!
from. 西 砂子 | 2010/02/15 03:58 |
>お前達海賊が野放しになっているだけで、庶民は愛する人を失う恐怖で夜も眠れない!
全く「正義」を口にしていない。
>ルフィもエースもティーチも己に素直に行動してる善でも悪でもない
自分勝手に行動しているのだけで善悪はない?
>ルフィに答えは出させないと言うのは少年誌的に正解
??意味不明。正論がない場合あいまいにしとくのば無難?
なんだか意味不明な書き込みをみてつい追記させてもらいました。
from. は? | 2010/04/13 21:36 |
コメントありがとうございます!どうしたこの記事!?ある意味大人気www

「は?」さんの仰りたいことは以下のような事でしょうか?
・ハンニャバルは自分で正義と口にしていない。なのに砂子が勝手に正義であると解釈している。
・ルフィやエース、黒ひげは信念に従ったのであり、善悪や正義とは無関係ではないか?
・ハンニャバルの言葉にたいしてルフィではなく黒ひげが応えたのは、正論がない問題なので無難なことなのではないか?


間違っていたらすいません;もう少し詳しくコメント頂けたらはっきりできるんですが…;
一つ目はまあごもっともだと思います。
二つ目もそうですね。私はエースの言動には触れていないと思うんでそのへんはよく分かりませんが。
三つ目は、多分記事の最後の方をおっしゃっているんですよね?…私もよく分かりません!その辺は勢いで思い付くままに書いていましたし。まあ戯れ言だと思って聞き流して下さいwww

もしやと思いますが、上のコメントの「さっくり」さんと同一人物ではないですよね?
「さっくり」さんへの私のコメント返しが的はずれになっていて、再度指摘しに来ていただいたとか…?という事も考えたので。
もしまたご覧でしたら、この辺お答えいただけたら嬉しいですm(__)m

また、ネサフで見掛けたんですが、名前欄が一文字だけだったり適当な文字列(あああ、mjpb、等)だったりするのを物凄く拒否される方がいるみたいです(私は別にどうでもいいです)。
「さっくり」さんとの混同の事も考え、コメントの際はそれなりに名前っぽいものを使った方が良いと思われます。

では、コメントありがとうございました!
from. 西 砂子 | 2010/04/16 21:44 |
私も記事主さんと同じ感想を抱きました。
ハンニャバルの意見への反対意見を作者も
考えつかなかったのでしょう。

その後の分析も適切だと思います。
黒ヒゲに乱入させたのは黒ヒゲしか会話を切れなかったからですね。

そもそもワンピースは話に面白味を持たせようと主人公達を海賊にしていますが、
全巻通しておよそ"海賊らしいこと"をしていない。

やっているのは大半が人助け、あと少しが宝探しですよね。
ハッキリ言ってこんなのは海賊とは言えませんよ。どちらかと言えば海軍側なのでは?

だけどそれで正しいんですよ。少年ジャンプなんですから!「努力」「友情」「勝利」がテーマの少年誌です!主人公達をいわゆる海賊にしてしまう訳にはいかない。

だから海賊でありながら、海軍顔負けの正義のヒーローができてしまった訳ですが、
やはり多少の無理があり、矛盾が出てしまうんですよね。

今回のハンニャバルみたいな正しい正義を出されるとルフィ達は反論出来ないですよ。
反論出来るのは黒ヒゲのような"悪"だけ!

海賊でありながら正義のヒーローのルフィには鬼門なんですよね。

まぁ、ルフィのキャラ設定的には自分がやりたいように自由に生きているだけなんでしょうけど、このハンニャバルにはそれが上手く言えなかったんでしょう。

ハンニャバルの方が正義の味方にみえてしまう。微妙ですよね。

正直、今回のハンニャバルのセリフは良いセリフですけどこうも思いました。

「おい!それは禁句だろ!w」
from. 記事主さんと同意見 | 2010/04/26 12:41 |
ハンニャ・デ・禁句www
禁句ってw
記事主さんと同意見さん、いい表現ありがとうございます!

「黒ひげしか会話を切れなかった」の言葉を言っていただけて良かったです。
大将赤犬やルッチさんみたいな残酷な正義ならともかく、ハンニャバルの言ったような素朴な正義に対しては、主人公サイドは反ボク(携帯なので変換できぬ…)しづらいですよね。
こ、これは禁句だ…。

あそこでルフィがハンニャバルを「うっさいわ!」とか言って倒したら、それこそ主人公として不味いですし。

「ルフィ達ってやってること海賊じゃないよ…」ってのにも同意ですv
あれか…ルフィは海賊行為ではなく「海賊」という象徴に憧れているのか。
きっとルフィには自分の知っている範囲のシャンクスが「海賊」なのでしょう。強くて自由で仲間がいて…。
うーむ。アーティスト志望の人生の見通しみたいに甘いというか青春というか…。

色々と甘酸っぱい気持ちになりましたwwww
コメントありがとうございました!
from. 西 砂子 | 2010/04/27 23:41 |
ゼハハハ!! 机上の空論なんか辞めろ!!大した答えなんか出ねぇだろ下らねぇ!
from. | 2010/05/04 00:04 |
ごもっともでww
私も漫画に対してうんたらやっている馬鹿な人間なのですw

だがそれがいいww
from. 西 砂子 | 2010/05/05 20:38 |
遅遅レス過ぎて申し訳ないですけどw

正義だ悪だの、関係ないんですよ、ルフィは。
自分の中に揺るぎない信念を持って生きてる訳ですよ。
黒ひげ然り。ハンニャバル然り!?w

こういう場面、ルフィの頭の中には、
仲間のピンチには何がなんでも駆けつけて救う事しかないんです。
理屈じゃない。本能なんです。

ハンニャバルのセリフは正論です。
対する黒ひげのセリフは現実論でしかもこれまた正論と言えるでしょう。
絶対的な正義の立場なんて理想はありえないので、
立場によって善悪が変わったり、相対的な善悪という話になりがちですが、
根はもっと単純だと思いますよ。

兄を助けるのに理由なんか要らないでしょう。
その辺りをルフィから出てる吹き出しに書き込む必要なんてないですし、
それをやっちゃったら漫画のテンポが損なわれ、多分読んでてイラッとすると思います。
(尾田っちはテンポを気にしてるから書いてる本人もストレス溜まるでしょうねw)
ルフィが反論できないとか、尾田っちが答えが浮かばなかったっていうのはちと違うような気がします。
ジャンプの編集会議で、
「ルフィに反論させられないから」なんて間抜けな理由で黒ひげに言わせる方針になるわけないですよ。
ジャンプは担当者一人ひとりが鬼並みのキレを持ってますからね。

ボクは黒ひげが不自然に近い割り込み方であのセリフを吐いた時、
この抗争は、白ひげ海賊団と海軍が消耗戦のドサクサの中、
黒ひげが一人勝ちして、
「自分が正義だ!この世の支配者だ!!」って勝ち誇る展開になると予想しちゃいました。
実際はそんな単純な結果にはなりませんでしたけど、
今後は物語の中心に黒ひげという宿敵を据えて、ルフィが冒険を再開することになったので、
的外れではなかったと思います。
あの黒ひげのセリフはそのための布石を打ったんだと思いました。
もちろん、そのほかにも小田っちは、なんか仕掛けたかも知れないですけどw

もっとぶっちゃけちゃいますけどw

ヽぢ
殴る蹴るの暴力
L砧蕕文斉阿篆堯垢離泪福式稟燭筌襦璽詭技
…ってわれわれの常識からすると人間のクズが主人公の漫画です。
そんな漫画で善悪の尺度を主人公に求めるのはいかがなものでしょうか?

でも、そんなルフィが世界中の人から愛され、その一挙手一投足にワクワクさせられるのは、
単純な善悪や理屈の問題ではないからでしょうね。
あまり気にしないで楽しみましょうよ。


それよりボクはルフィがCMに出る方がショックです。
しかも「ご成約」なんてセリフがルフィの口から出たときは、
もう連載読むのやめようと思いました……思っただけですけどwww



from. さお | 2010/12/19 01:55 |
>さお さん、コメントありがとうございます!

遅レスってwwこの記事書いてもう一年ですねwww一向にかまいません(`・ω・´)b
ってか長文コメありがとうございますw久々にてんちょんが高くなりました!あ、テンションですすいませw
落ち着け自分w

「兄弟を助けるのに理由は要らない」ですかー。じゃあそれをルフィに言って欲しかったな。
仲間(麦藁の一味)を後回しにして、他の犯罪者を脱獄させてまで助けたい兄貴なんだと、自分がどんな悪を背負っても助けたいという意志の強さをルフィに示してほしかった。
ついこの間までその兄弟の絆を回想していたようですが(単行本買ってないんで未だ読んでないです)、いやいや、もうちょっと早くやれよと。
海賊が主人公なら善悪は必要ないかもしれないですが、行動の理由となる強い意志は欲しいです。
あーーー。本当に思うんですが、ルフィを真剣に恨んで罵倒して見下している登場人物とかいないかなあ。普通の人の立場から、主人公を犯罪者で社会のゴミだと正しく罵る人が!ほしーーい!主人公が見下されればいいのに!嫌われればいいのに!そういう人物がそろそろ書けないと、尾田さんの人物のバラエティが少ないと感じます。

>「ルフィに反論させられないから」なんて間抜けな理由で黒ひげに言わせる方針になるわけないですよ。
ジャンプは担当者一人ひとりが鬼並みのキレを持ってますからね。

へー。ワンピースって尾田さんのワンマンかと思っていたんですが違うんですか?

CMについて、乙です。萎えますね。
私は半分聞いていなかったのでダメージはないですが…。
ずいぶん過去の記事にコメントありがとうございました!
ほんとはもっと色々返事したいところですが、まとまらないこと請け合いですのでこれまで。
from. 西 砂子 | 2010/12/19 22:03 |
遅レスすいません。

ワンピースですか・・・

気がつけば24才になってました・・・
from. バチョフのゴル的部位 | 2012/02/26 23:23 |
ハンニャバル、とても好きです。
我々多くの凡人が持つ程度の野心と正義。船長や署長になれなくとも、ハンニャバルのようなスーパーNo.2として野心と正義の溢れる人生が送れたら、素晴らしいでしょう。

マゼランとの信頼関係も、好きです。
from. ponmagic | 2012/04/05 22:03 |
コメントを頂いたにもかかわらず、長期間返信せずに申し訳ありませんでしたm(_ _)m
またご覧頂けたら、いつでもお叱り&コメしてくださいませ…

>>バチョフのゴル的部位 さん
ワンピースも長いですからね…
今は数ヶ月〜半年に一回のまとめ読みなのであまり話について行けてないのですいません(汗)

>>ponmagic さん
凡人なりの素朴な正義にぐっと来ますよね。大将やスモーカーさんのような絶対の意志でなくとも。
野心と正義は相反しないんだなあと、コメを読んで漫画を思いだして感じました。
from. 西 砂子 | 2012/07/02 00:42 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://cloudofashes.jugem.jp/trackback/130
<< NEW | TOP | OLD>>